大阪・淡路のくにつぐ鍼灸整骨院 スタッフブログ

大阪市東淀川区の淡路にある くにつぐ鍼灸整骨院 スタッフブログです。 からだのことや健康に関することを皆様にお伝えしたいと思っております。 からだや健康・鍼灸整骨・整体・カイロプラクティック・美容など、ぜひご相談ください。

当院のHPはこちらです。
http://www.kunitsugu.com/
よろしければFacebookもご覧ください。
https://www.facebook.com/kunitsugu9762

前回予告した通り、『睡眠不足対策』として、睡眠の質を高める方法をまとめてみます。

201811-1

◯どんなに忙しくても必ず4時間半以上は寝る。

◯寝る前に心地よい音楽を聴いてリラックスする。→ストレスが溜まると眠りが浅くなる。

◯湯船でしっかりお湯に浸かり、心身をほぐす。→お風呂に入って体温を上げることで、深部体温がスムーズに低下して眠りやすくなる。ただし、寝るときに体が暖かいままだと眠りが浅くなるので、1時間前には入浴を済ませたり、時間がないときはぬるま湯に浸かる。

◯起きたら太陽の光にあたり、目覚めを促す。→日光に当たると体内時計がリセットされ、夜に自然と眠くなる。

◯生活の中でも工夫して軽い運動ができる時間を作る。→体に適度な疲労感を与えることで、夜ぐっすり眠ることができる。

◯「30分以上の昼寝」は夜の睡眠に影響があるので避ける。ただし、20分程の昼寝は心身共にリラックスさせるといわれている。

◯休みの日の寝だめは避け、長くても7時間30分程度の睡眠に抑える。→生活リズムを崩さないことが大切。

マッサージ等を利用し身体の血行を良くする。→マッサージは副交感神経を優位にし、体が休まる準備を整える

201811-2
 逆に、睡眠の質を下げてしまうやってはいけないこと

✖︎カフェイン、アルコール、タバコを多く摂る。
→カフェインが眠気を覚ますのは、みなさん知ってますよね?
アルコールを少量飲むと、寝付きが良くなるのは間違いありません。アルコールは脳内の神経伝達物質に働き、鎮静や催眠作用を促すからです。しかし、アルコールが体内で分解され始めるとアセトアルデヒドという毒素を発生し、交感神経を刺激します。交感神経が刺激されると、眠りが浅くなってしまい、睡眠の質が悪くなってしまいます
また、タバコを吸うと血管の収縮がおきるため、血圧は上昇します。血圧と心拍数が上がるということは、体が運動をしたときと同じ状態になってしまいます。寝る前にタバコを吸うということは、体を叩き起こすのと同じ効果があるんです


✖︎ 寝る前にスマホやパソコンを見る
→スマホやパソコンの使用は、脳を活性化させてしまい、睡眠時間を短くする原因になります。また、スマホやパソコンの画面から出るブルーライトはメラトニンと呼ばれる眠気を誘う睡眠ホルモンの分泌を抑制してしまい、睡眠の質を下げてしまいます。
寝る前の30分前にはパソコンの電源は落とし、スマホはベッドに入ってからは見ないようにしましょう

✖︎寝る時間と起きる時間がバラバラ
→寝る時間は起きる時間によってだいたい決まってきます。それは起きた時間から体内時計が働き、約17時間後から眠気を誘う睡眠ホルモンが分泌され始めるからです。体内時計に合わせて規則正しい生活リズムを送ることが、ぐっすり眠るための秘訣になるのですが、睡眠ホルモンの分泌が始まっていない状態で寝ても、深い眠りにつくことはできません。

201811-3

睡眠の役割は体の修復や回復なので、寝不足になると体がボロボロになっていくのは想像できますが、大きな病気(前回書いたアルツハイマー、糖尿病、癌、心臓病、精神の不安定 など)と直結するのは怖いですね。
睡眠時間が足りなくても、今は無理を続けられますが、このままだと大きな病気にかかるなど大きなリスクがあります。ぜひ睡眠不足を解消できるようにご自身で管理していきましょう。



大阪市、阪急淡路の鍼灸整骨院(鍼灸整骨・整体・美容)
くにつぐ鍼灸整骨院
大阪市東淀川区西淡路5-17-21 ミュゼ西淡路102
http://www.kunitsugu.com/
TEL:06-7492-9762 (お気軽にお問い合わせ下さい)

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット