大阪・淡路のくにつぐ鍼灸整骨院 スタッフブログ

大阪市東淀川区の淡路にある くにつぐ鍼灸整骨院 スタッフブログです。 からだのことや健康に関することを皆様にお伝えしたいと思っております。 からだや健康・鍼灸整骨・整体・カイロプラクティック・美容など、ぜひご相談ください。

当院のHPはこちらです。
http://www.kunitsugu.com/
よろしければFacebookもご覧ください。
https://www.facebook.com/kunitsugu9762

今年の夏も暑かったですね。
炎天下を歩く仕事に従事している方だけでなく、ちょっとした買い物や通勤・通学途中で、暑さが原因の頭痛やふらつきを感じた人も多かったのでは?
逆に、エアコンが効き過ぎた室内で、体の冷えに悩まされた人も多かったはずですが、酷暑も少しずつおさまりつつありますね。

命の危険にかかわる暑さが続いたことで、私たちの身体は思った以上にダメージを受けているうえ、夏から秋への季節の移行期は、気温の変化が一日の中で大きく上下します。さらに、長雨、台風による気圧変化などの要因もあいまって、頭痛、めまい、だるさ、肩こりなどの体調不良を感じる人が多くなります。

そして、夏の疲れが残った身体にダブルパンチ状態で追い打ちをかけるのが、自律神経の乱れです。
自律神経は私たちの身体の安定を司る大切なものですが、それが秋の天候変化によって不調に陥ると、身体も自然と秋バテと呼ばれる不調状態になってしまいます。


夏の終わりのうちに実践したい、体の内側のケア

akibate-01
冷たい飲み物の飲み過ぎに注意!
冷たいものをついつい摂っていた夏の習慣の積み重ねによって、胃腸の調子が悪くなり、それが秋バテの要因になることもあります。
加えて、体内を冷やすことで栄養の吸収機能や消化機能が低下し、食欲不振・下痢・胃もたれなどの症状につながってしまうこともあります。

そうした症状を自覚している人は、次の3つのポイントに注意してみましょう。
□飲み物はできるだけ、常温のものを摂取する
□食べ物もできるだけ、温かいものを食べる
できるだけ消化のよいものを食べて、胃の負担を減らす


夏の終わりのうちに実践したい、体の外側のケア

akibate-02
ストレッチやウォーキングで、身体の調子をととのえましょう。

◎体の芯部を温め、汗をかくようにする
□シャワーではなく、湯船につかる
□ウォーキングやストレッチなど軽い運動をする

体の芯部を温める。さらに、体にさほど負担をかけない運動によって、乱れがちだった自律神経は本来の正常な動きに戻りやすくなります。
また、ひどい疲れを感じていて、すぐにでも効果を得たい人は、しっかり汗をかくレベルでの入浴と運動を心がけてみましょう。


睡眠ケアも、秋バテ対策の大切なひとつ

akibate-03
好きな香りや音楽で、快眠を確保しましょう。
たくさん眠ったはずなのに、朝起きたら寝たりなさを感じる……。
昼間仕事をしている時や運転中に眠気を感じて、集中力が落ちてしまう……。
こんな症状を感じる人は、秋バテの影響で「快眠」をとれていないかもしれません。

夏の疲れが蓄積している人や、夏の間に体の芯部が冷えた人は、自然と睡眠の質が落ち、その状態が連続することでだるさや眠気がとれない、といった不調を感じやすくなります。

【睡眠不足をケアする方法】
□就寝1時間前までに、ゆっくりと湯船につかる
□夜更かしはNG! 生活サイクルをできるだけ整える
□就寝の最低30分前にはスマホやパソコンを見るのをやめる
□寝具が自分に合っているか再確認する
□ウォーキングやストレッチなど適度な運動をする
□息を大きく吸う、吐くを繰り返し、体の緊張をゆるめる
□ジャージなどではなく、就寝時はパジャマを着用する

お気に入りの音楽や香りなど、自分なりにリラックスできる要素を生活にとり入れ、入眠しやすいリラックス環境を作ることで快眠は得られやすくなります。さらに、布団やベッドの上で意識的に大きく静かに深呼吸してから横になると、「これから眠りに入りますよ!」という指令が脳と体に届き、快眠モードに入りやすくなるはずです。

秋バテを放っておかず、快適な秋を迎えて過ごしましょう。



大阪市、阪急淡路の鍼灸整骨院(鍼灸整骨・整体・美容)
くにつぐ鍼灸整骨院
大阪市東淀川区西淡路5-17-21 ミュゼ西淡路102

TEL:06-7492-9762 (お気軽にお問い合わせ下さい)

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット