大阪・淡路のくにつぐ鍼灸整骨院 スタッフブログ

大阪市東淀川区の淡路にある くにつぐ鍼灸整骨院 スタッフブログです。 からだのことや健康に関することを皆様にお伝えしたいと思っております。 からだや健康・鍼灸整骨・整体・カイロプラクティック・美容など、ぜひご相談ください。

当院のHPはこちらです。
http://www.kunitsugu.com/
よろしければFacebookもご覧ください。
https://www.facebook.com/kunitsugu9762

花粉症というと、春に発症するものが多いですが、最近は秋に花粉症の症状に悩まされている人が増えてきています。
秋は風邪をひく人も多いので、花粉症との見分けが難しいかもしれません。


まず、秋の花粉症の原因として挙げられる植物は、
①ブタクサ  
②ヨモギ  
③カナムグラ

がほとんどです。
image2

ブタクサヨモギなどは、河川敷や堤防、空き地、草むらの生えた場所などに生息していることが多いので、極力そういった場所には近づかないようにしましょう。


秋の花粉症の症状

・目のかゆみ、腫れ、充血など
・鼻水(サラサラ)、鼻づまりなど
・くしゃみ
・頭痛
喉のかゆみ、痛み、咳き込むなど
・皮膚のかゆみ

などがあげられます。
晴れた日に症状が出やすいのも、風邪とは違う花粉症ならではの特徴です。

また、秋に飛散するブタクサの花粉の粒子は、春に飛ぶスギ花粉の粒子に比べて小さく、鼻の粘膜に張りつきにくいという特徴をもっています。
花粉の粒子が小さいということは、花粉が気管にまで入ってきやすいということです。
そのため、秋の花粉症は喉に症状が出やすいという特徴があります。気になる症状が現れたら医療機関の耳鼻咽喉科、アレルギー科、内科を受診することをおすすめします。

最後に秋の花粉症対策は、春の花粉症の時と同じです。
マスクやメガネをする
②うがいは必須
鼻うがいをする※

※鼻の粘膜についた花粉や、鼻水に含まれる炎症成分を洗い流す鼻うがいは効果的です。鼻うがいに使用する水は、必ず生理食塩水を使うのがポイント!薬局などで市販されているものを使用し、鼻からゆっくり入れて、息を吐きながらうがいをして口から出します。ちょっと難しいですが、鼻の通りをよくするなど効果大なのでおすすめです。
image4
皆さん、今は季節の変わり目で体調管理が難しいですが、こういう時期こそ生活リズムを安定させてしっかりと食事で栄養補給してくださいね。


大阪市、阪急淡路の鍼灸整骨院(鍼灸整骨・整体・美容)
くにつぐ鍼灸整骨院
大阪市東淀川区西淡路5-17-21 ミュゼ西淡路102
http://www.kunitsugu.com/
TEL:06-7492-9762 (お気軽にお問い合わせ下さい)

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット