大阪・淡路のくにつぐ鍼灸整骨院 スタッフブログ

大阪市東淀川区の淡路にある くにつぐ鍼灸整骨院 スタッフブログです。 からだのことや健康に関することを皆様にお伝えしたいと思っております。 からだや健康・鍼灸整骨・整体・カイロプラクティック・美容など、ぜひご相談ください。

当院のHPはこちらです。
http://www.kunitsugu.com/
よろしければFacebookもご覧ください。
https://www.facebook.com/kunitsugu9762

「スマホ首」って何だかわかりますか?
稲川なんとかさん(怖い話の人ね)がCMで「スマホっ首」って言っていた記憶があるのですが、知っているでしょうか。

この「スマホ首」、別名は「ストレートネック」と言います。
ストレートネックとは、スマホを見る姿勢(首を前に出した姿勢)を長時間続けることで、普通はゆるやかにカーブしているはずの首の骨がまっすぐになってしまう状態のことを言います。
ストレートネックになると、頭の重さがバランスよく支えづらくなり、首周りの筋肉や神経にも大きな負担がかかります。
首周りの大きな負担が、首や肩の強いこりや痛みにつながります。
それだけではなく、放っておくと耳鳴りやめまい、手や腕のしびれ.、頭痛、自律神経失調症などの原因になることもあるのです。
ストレートネックは頭を支える首周りの筋力が弱い女性や子どもに多く見られます。
スマホだけではなく、仕事やプライベートで普段からスマホやパソコンをよく使うことで、首を前に出した前傾姿勢を取ることが多くなりがちな現代人は、みんながストレートネック予備軍だと言えるのです。
straight_neck_smartphone

自分がストレートネックかどうか、簡単な検査法があります。
まず、壁を背にしてまっすぐ立ってください。そして後ろに下がり壁にぺったりくっつきましょう。
そのとき、後頭部、背中、お尻、かかとの4ヵ所が自然と壁につくのが正常な状態です。
もし、後頭部が自然に壁につかない、意識的に首を後ろに倒さないとつかない場合はストレートネックの可能性が非常に高いです。

ストレートネック対策
1、アゴ押し体操
全身の力を抜いて自然に立ってください。体はそのままで、顔を前に出すように頭を前方に出します。
次にあごの先端に手を当て、首に向けて水平に押してください。首がまっすぐに伸びアゴを引いているような形になれば正解です。
これを2~3回、数セット行ってください。

2、タオルでストレッチ
IMG_2996
タオルを両手で持ち、首の後ろの真ん中に当てます。次に両手を斜め上に引っ張って頭を少し上を見るように倒します。 タオルを引っ張ったまま、あごをのど元に引きつけるようにうなずく動作をしてください。
これを2~3回、数セット行ってください。

3、タオル枕
IMG_2984
バスタオルを丸めて枕にして寝ます。この時にタオル枕が首の真ん中に当たるようにしてください。これで首の自然なカーブが取り戻せます。
タオル枕の高さが合ってるかどうかは、
・真上の天井が自然にみられるか
・呼吸がしやすいか、首が苦しくないか
でチェックします。合ってなければ高さを調節してください。
これを1回に2~3分、2~3回行ってください。

これで「スマホ首」も改善できると思いますが、やはり普段の姿勢も大切です。
スマホを使うときはのぞき込むような姿勢は極力避け、できるだけスマホを顔の高さに持ってくるように使用してください。
パソコンの画面も同様です。できれば顔の高さに近い位置になるよう調整していただく方がいいです。

スマホもパソコンも現代生活にはなくてはならないもの。健康を損なわないようにうまく付き合っていきましょうね。



大阪市、阪急淡路の鍼灸整骨院(鍼灸整骨・整体・美容)
くにつぐ鍼灸整骨院
大阪市東淀川区西淡路5-17-21 ミュゼ西淡路102
http://www.kunitsugu.com/
TEL:06-7492-9762 (お気軽にお問い合わせ下さい)


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット